HARG治療の症例のご紹介

すべてHARG治療の症例です。症例写真は個人差があります。

治療説明 HARG療法は、毛髪再生療法と呼ばれる成長因子(AAPE)を頭皮に注入する治療です。
成長因子(AAPE)は、抗老化・薄毛の治療用として2006年より研究開発が行われ、世界各国で採用されています。
日本では2008年にAAPEによる薄毛治療はHARG療法と命名されてされて始まり、2018年に大いに注目されるべき試験結果が発表されたAAPEバージョン2が登場し、現在、ユリシスクリニックでは、今までより濃度が濃くなったAAPEバージョン2を使用しています。
起こりうる副作用やリスク 感染症・アレルギー・発赤・色素沈着・瘢痕形成などのリスク・副作用があります。 出現する確率は高くありませんが、すべての治療において、副作用・リスクが存在することをご理解ください。
費用 各回80,000~130,000円 4~6か月間は月1回程度の頻度で施術し、症状が改善してきた場合は年に1回メンテナンスの施術を行うことで効果を継続させます。
※健康保険は適用できません。
>> 詳しい料金表はこちら

症例01

症例02

症例03

症例04

症例05

  • 院長 倉田 主税(くらた ちから)
  • 略歴・所属学会
  • 日本美容外科学会 会員
  • 日本美容皮膚科学会 会員
  • 日本美容医療テクノロジー学会 会員
  • 日本抗加齢医学会 会員
  •  
  • 平成11年3月 富山医科薬科大学医学部 卒業
  • 平成11年4月 医師免許取得
  • 平成11年4月 富山医科薬科大学(現:富山大学)
  • 脳神経外科入局 (同大学病院・国立水戸病院・ 川崎幸病院勤務)
  • 平成15年3月 脳神経外科退局
  • 平成15年4月 国内最大手の美容外科において、 全国各地で院長を歴任
  • 平成21年6月 ユリシスクリニック開院
  • クリニック情報
  • 診療科目/美容外科、形成外科、皮膚科
  • TEL/0120-961-929
  • 所在地/静岡県浜松市中区鍛冶町1-39 ピンストライプビル6F